www.icowman.com

ナビゲーション: トップ > 牧場経営

牧場経営

生産工学を結ぶ不消化物保管と給料技術の3つ、新しいミルク生産工学に拘束されるものへの
どちらの食事もない、乳牛と糞便からの土と尿使用技術は、不可欠で、信頼できる
牧場業管理を推進するために、3つの牧場業管理主義を言います。
管理スタイルのために、草原モデル、耕地モデル、構成経営モデル
搾乳主要な占領タイプの4つのタイプに分けることができます。

北海道の山で見られる草中心の管理の形態と管理域が広く提供される県では
多頭政治は搾乳牛を育てます、そして、草の場所タイプは牧場業の主要な占有を走らせます。
特徴は、十分な不消化物を固定することができるので、供給自給率が他の管理より高いということです。
一つの0.5ヘクタール以上につき草原の区域を必要とする、機械化は
育ちスケールが持つ場所において進歩します。
大きい、そして、最初から搾乳次第の貯蔵不消化物(サイレージ)の準備への機械化前進。

管理域は草の場所タイプより狭いです、そして、耕地モデルは飼料収穫とともに
走っている牧場業のスタイルです。
食事を増やすことによって多くの頭化を計画する一次占領処置が単位域につき譲ることは、牧場業です。
1につき耕地の区域に関しては、2、3 0.2ヘクタールで−0.5ヘクタール、搾乳牛の数は
向かって、彼らのおよそ20人です。