www.icowman.com

ナビゲーション: トップ > 牧場経営 長生きした牛

牧場経営 長生きした牛

しかし、ほとんどは一種の日本の牛肉に触れます。牛の妊娠期間に関しては
妊娠しているようになっている間、搾乳牛はミルクをしぼるために同時に288日の間胃で
次の生命を上げます。
そして、天性の子牛はF1牛とこのように呼ばれていて、肉のためにされます。
通常、8-9のために、牛の乳をしぼらない月と時間は、牛の搾乳期間の間の停止搾乳期間と
呼ばれています。

停止搾乳期間がより近くに着いた牛は、子牛がすぐに生まれると言う意味です。
この搾乳のサイクルのおよそ4-5回繰り返した後に
妊娠→は搾乳が属するのを止めます。壮齢肥育を持った後の食用の肉として、乳牛は生涯を終えます。
しかし、それが観光表示のために若干の観光牧場でありそうである美しい牛を
残している場所があります。

ヨシダと呼ばれるホルスタインを知っています。
昔、ホルスタインといえば、「我々が、滑稽な言行グループです」
叩かれたタケシは「ヨシダ」を「雌だ」と間違えます。
そして、この牛がテレビで現れる機会であったことは話します。
そして、ヨシダは現れます。ヨシダの本当の名前は、観察が「ナナ」と呼ばれて非常に
よかった乳牛でした。
ヨシダがいろいろな方向に滑稽な言行グループだけでなくテレビに出演して
23才と生命を達成した。
千葉と言っている場所に市原象の地方での残りの生活を送ったあと
ヨシダの墓が市原象にあります。