www.icowman.com

ナビゲーション: トップ > 牧場経営 乳牛

牧場経営 乳牛

乳牛が熱に弱い動物であるので、牛舎の温度管理は非常に重要です。
風邪をひいて、病気になるかもしれないので、獣医を呼ぶかもしれません。
処置の場合抗生物質を与えるので、しばらくミルクを出荷することができません。
仕事、人工授精と配達にミルクを与える成長、子牛に合っている給餌は、重要な仕事です。
彼らの1つの一つの健康管理は、乳牛に良い胸を見せさせるために重要です。

子牛を生んで、我々のためにミルクを始めた後に母牛がおよそ2ヵ月で妊娠しているようになる間
胃で次の赤ちゃんを育てます。
人間の妊婦と同じです。
そして、夜と日に関係なく、酪農家は与える方法に対する最新の注意と食事の健康管理を払います。
あなたにうまいミルクを取り出させることにモーモーに対して感謝したいです。

日本で育てられる乳牛の間で、98%がモノクロのようであることは、ホルスタインと呼ばれている種類です。
ホルスタインは日本だけでなく韓国または米国に置いておかれて、世界で最も育てられる牛です。
このホルスタインの土着がオランダであったとき、複合使用牛がそうであったミルク肉で
あったものは米国において向上しました。
そして、それはupsizingすることでミルクの専用のために1種類でした。
日本のホルスタインに関しては、米国カナダ祖先のもので、100%です。